1ヶ月で辞めた仕事は履歴書に書く?社会保険に加入していた私の体験

 

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

仕事を短期で辞めていると履歴書の記入に迷います。相手は人事担当ですし、何人もの人とと会っているので人を見る目が養われています。

そんなプロから見た場合、『1ヶ月で辞めている人』というのはリスクが高いと感じるものです。できればクリーンに見られたいですよね。

1ヶ月で辞めた仕事は履歴書に書くべきなのでしょうか。それとも書かなくてもいいのでしょうか。私の体験を元にご紹介しています。

 

1ヶ月で辞めた仕事は履歴書に書くべき?

転職を繰り返していると書きたくない職歴も出てきます。私は2つほど記入をしたくない職歴を持っています。1ヶ月や3ヶ月で退職していますから人事担当から見れば印象は良くないですよね。でも嘘をつくのは心が痛む…。

私の場合、社会保険に加入していたので

履歴書に記入していました。

本当は記入したくありませんでした。1ヶ月で辞めているというのは「この子、何か問題があるの?」と思われる可能性が高いですから。

 

社会保険に加入していた私の体験

私は新卒で入社した飲食店を3ヶ月で辞め、専門学校を卒業して就職した病院を1ヶ月で退職しています。正社員雇用だったので健康保険、厚生年金などの社会保険に加入をしていました。

「履歴書に書きたくないな~」と思いながら、職を探しハローワークへ行った時の事でした。ハローワーク職員の方へ相談しながら職歴について質問をしました。

 

私「職歴が短いのですが、履歴書に書くべきでしょうか。」

職員「ん~。まぁ書かなくてもいいのではと思いますが…。」

私「社会保険に加入していたんですよね。」

職員「なるほど~、でしたら書いた方がいいですね。」

 

ハローワーク職員の方から「記入すべき」との回答を頂きました。それから隠すことなく職歴に載せています。それに私自身、嘘をつく事が嫌いです。

嘘をついて就職しても罪悪感がずっと残り続け、どこか後ろめたさを感じながら過ごすことになります。そうなるなら正直に書いた方が心理的にも安心します。

なので私の場合、包み隠さず書いていました。

 

雇用保険や社会保険の加入で会社に過去の職歴はバレるのか?

会社を退職すると雇用保険被保険者離職票というのが発行されます。雇用保険に加入している仕事に関してはハローワーク側では過去の職歴が分かります。

ハローワーク職員がその内容を会社に教える事はありませんが、厚生年金手帳に前の会社が加入年月日と脱退年月日を記入している場合、雇用時に提出するので過去の職歴を見られる可能性は高いです。

 

厳密に言えば、雇用保険被保険者証からは過去の職歴、勤続年数は分かりません。 健康保険に関しては、加入書類に必要事項を書き込むだけですのでなにも分かりません。

だからと言って書かないでいいわけではありません。

『虚偽』をしている事が分かったら会社からの信用が落ちます。最悪の場合、経歴詐称で解雇される可能性もあるわけです。

試用期間中、もしくは社会保険の適用がない期間であれば記載する必要もないですが、事実をありのまま書いて、退職のやむを得ない事情を丁寧にポジティブに話す方が賢明です。

 

まとめ

私は包み隠さず全ての職歴を記入し、失敗を重ねながら面接を受け続けてきました。

過去を変える事はできません。ネガティブで辞めてしまったのなら、ポジティブに変えられる要素を見つけ出し、上手く説明できるようになりましょう。

  • ステップアップのため
  • 自分の可能性を広げるため
  • 色々な経験を積むため

言葉は言い回しが大切なのです。面接では文章で表現できなことを伝えられます。紙切れ1枚からは想像もつかない物語を面接官に伝えましょう。

過去のあなたはどうでもいい、「今」のあなたの捉え方や考え方そして会社で何が出来るのか、どんな事を提供し貢献できるのか自分の言葉で表現していきましょう。

必ず雇ってくれるところは見つかります。過去を恨まず「今」できる100%を思い切りぶつけましょう。

最後まで読んでもらえてうれしいです。ありがとうございます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です