派遣の顔合わせまでに準備しておく事や私が実際に聞かれた質問内容まとめ

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

派遣の顔合わせまでに準備しておく事はあるのでしょうか。また、顔合わせのときに聞かれる質問はどういった内容なのでしょうか。

分からない事だらけだと不安で不安で仕方がないですよね。私は常に不安を抱えながら今まで取り組んできました。最近の友達の行動を見ていると羨ましいなと思った事があったのでそれも合わせてご紹介していきます。

 

顔合わせまでに準備しておく事

派遣会社からの仕事紹介で派遣先企業を決め、顔合わせまでは何をすればいいのでしょうか。簡単にまとめていきます。

顔合わせまでに準備しておく事
  1.  スーツをクリーニングに出す/靴磨き
  2. 顔合わせの会場までの道順を確認する。
  3. 派遣会社の営業担当の連絡先を把握しておく。
  4. すでに派遣先企業で働いているイメージをする。

 

1.スーツをクリーニングに出す/靴磨き

スーツは綺麗な状態で保管されているでしょうか。私の場合、専用の袋に入れていますが日が経つとどうしてもヨレたり、型がついてしまっています。

くたっているシャツで行くより、ピシッと決まっているスーツだとより印象が良くなります。

それと靴はきちんと磨いておきます。完璧に磨き上げる必要はないですが、せめて軽く拭いておきましょう。綺麗な靴だったら顔合わせに行くのが楽しみになりませんか?

靴が綺麗だと「きちんとしているな」と好印象を与える事もできます◎一石二鳥な事をやらない手はないですよね。

 

2.顔合わせの会場までの道順を確認する。

顔合わせ当日に「道に迷った!」「予想外に時間がかかった」なんて事にならないよう、事前に会場までの道順や時間を把握しておきましょう。

私は心配性なので、顔合わせがあると分かってからスグに会場までの道順を調べました。そして実際に会場まで行きました。

把握しておくと当日に余裕を持って会場に向かう事ができます◎

 

3.派遣会社の営業担当の連絡先を把握しておく。

顔合わせ当日に何が起こるか分かりません。もしかすると道に迷うかもしれないですし、電車が遅れる・・・なんて事態も予想できます。

そのときに派遣会社の営業の連絡先を把握しておくと、スグに状況を知らせる事ができます。

緊急の事態に備える事も大事です。

 

4.すでに派遣先企業で働いているイメージをする。

「は?何かの宗教?」と思われるかもしれませんが、自分に自信があり自分のスキルや経歴を把握している人は、悲観的に考えません。

“何を聞かれるのだろう。””印象が悪くなったらどうしよう。”なんて思ったりもしないわけです。

もうすでに働いているイメージを持って、すでに通勤や住むところまで決め始めている…なんて先々の行動をし始めています。

いやいやいや!と思うかもしれませんが、「この経歴を持っているのに雇わない企業はバカだ。」とまで考えているんです。

 

そのくらい根拠のない自信って大事です。私は、自分に自信がないです。最近、私の友達が面接を受ける機会があり話を聞いていると、すでに受かっている前提で話を進めていたんですよね。

私が、「え?まだ受かってないじゃん。」と言うと、友達「え?いやいや。受かるから。」と言っていました。この自信を持っていると悲観的にならず、顔合わせでも堂々と受け答えができます。

しどろもどろになるのは、自分に自信がなく「受からないのでは…」と思っている場合です。

相手も人間ですから、しどろもどろな人より堂々とハキハキ受け答えしてくれる人に好印象を抱くはずです。そのためにも、すでに働いているイメージを持つ事は大事です。

 

 実際に聞かれた質問内容

私は、初めての派遣登録からの就業で1社顔合わせをし、いい返事が頂けませんでした。2社目に顔合わせした派遣先での面接の内容をご紹介します。

いよいよ面接当日。。ドキドキしながら面接地に向かいました。先に営業の女性の方が到着されていました。

営業女性「本日はよろしくお願いします。早速ですが、今回面接を受けられるところはこういった仕事内容になります。」

と、業務内容が記載された紙が渡されました。これには、働く企業側の情報が少しだけ載っていました。そして自分の経歴シートを貰いました。

 

営業の女性「くまゆるさんの経歴に問題はないですか。前職を辞めた理由をお聞きしてもいいですか。」

と簡単に質問されました。軽く答えていると顔合わせの時間になり、派遣先へとお邪魔します。

受付の方に会場へと通され待つ事、5分。。担当男性が来られました。挨拶を済ませ、席に着きます。

営業の女性「早速ですが、くまゆるさんはこういった経歴をお持ちの方です・・・・・・。」

と私のことについて簡単に自己紹介して頂きました。淡々と経歴や資格について担当男性に説明をしてくださいました。

 

私がPRするといったことは特にありませんでした。担当男性が、仕事の説明を簡単にしてくれ、質問が始まりました。

担当男性「前の職場は○○だけどウチの会社は○○なところで全く違うと思うけど大丈夫?」

くまゆる「はい。大丈夫です^^○○だったのですが、基本は○○だったので問題ないです。」

担当男性「ウチの職場は、見ての通りCMもやっているしこれから繁忙期に入っていくんだよね。時間どおりに帰れないこともあるけどその点は大丈夫?」

くまゆる「はい。大丈夫です^^時間は調整できます。」

担当男性「ウチの会社について何か知っていることはある?」

くまゆる「CMが流れていて大きい会社さんだなという印象が強いです。。。笑」

 

↑予想外の質問ばかりが来ていたのでテンパリすぎて変な受け答えになっていました…^^;上手く答えることができず、”うわぁ~ヤバい”と思いました。

でも、常に笑顔で答える^^ことを意識しました。

 

担当男性「何か質問はある?」

くまゆる「詳しくご説明いただきましたのでありません。」

 

何か質問をしないといけない!ということはないのでなければ”ない”とハッキリ言ってしまってOKだと思います◎私の場合、「働いてみないと分からない」感じだったので特に質問はしませんでした。

やっとこさ面接が終了しました。いや~さすがに緊張が半端なかったです。担当男性に挨拶をして面接会場を後にしました。

ふぅ~、終わった後はどっと疲れが出ました。。

結果は、「◎」でした。いや~ダメかなと思っていたので一気に安心しました♪

 

まとめ

私は、緊張しいなので自分に自信がないので、肝心なところで詰まったり止まったりします。。いつもいつもそんな自分に悔しい気持ちでいっぱいです。

でも事前に準備をしたり、根拠のない自信を持つ事は誰だってできます。

友達の発言に「え?」と感じながら、心の中では”私にもそんな風に根拠のない自信がほしいな。”と羨ましく思っています。

どうしよう。どうしよう。と焦るのでなく、”私なら大丈夫、できる。”と思った方が楽になりませんか。

肩の力を抜いて、ゆっくり息を吸って顔の力を緩めて口角を上げ、堂々としていましょう。もうすでに働いているイメージをしながら。

そうすれば、きっと上手くいきます。

最後まで読んでもらえてうれしいです。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です