派遣はやめたほうがいい?実際に働いていた私が感じたデメリット

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

アルバイトは社会保険や厚生年金がつかない。正社員は責任が重い。でも、働かないと自分の欲しいものを購入したり生活を営むことができません。

現在は雇用の形態が変化しつつあり、アルバート・パート・正社員・契約社員・派遣社員とさまざまあります。

正社員よりも責任の度合いが低い派遣社員として働きたいと希望する人も多いと思います。派遣についてよく分からないし、派遣先に入ったらどうなるのか疑問な点もあるのではないでしょうか。

元派遣社員として働いていた私が、働いてみて感じた派遣社員としてデメリットをご紹介していきます。

 

派遣社員として働く際のデメリット

まずは、派遣社員として働く際のデメリットについてみていきます。私が実際に働き始めて感じたことも含めていますので、かなり偏見が入っているかもしれませんがあくまで私個人の意見だと聞き流してください。

  1. 就業して最初の2ヶ月は社会保険・厚生年金がない
  2. 派遣先の上司に直接相談ができない
  3. 任された(指示された)仕事以外はできない
  4. 就業時間が過ぎても帰りづらい雰囲気がある
  5. 派遣先の正社員さんと仲良くなりにくい

ほぼ人間関係のような気がしますが…(笑)人間の三大苦の中の一つに人間関係が含まれているので職場で上手くやっていくには人間関係が一番重要な気がします。

1つずつ見ていくことにしましょう。

 

1.就業して最初の2ヶ月は社会保険・厚生年金がない

”え?”とビックリされた方もいるかもしれません。派遣で就業できれば即社会保険・厚生年金などの各種保険がつくと思っている方も多いかもしれませんが実はそうではありません。契約期間が1年など長い期間のものでも最初の2ヶ月間は、雇用保険のみになります。

例外として保険が付く場合もありますが大抵、最初は保険がつかないものと思ってください。私は、ずっと国民健康保険や国民年金で支払いをしていたので問題はなかったのです。

派遣就業後の2ヶ月は、面倒ですが最寄りの市役所や自治会・役場などで手続きをする必要があります。

アルバイトでも正社員でも最初に”3ヶ月間は試用期間なので時給○○○円~”などと書かれていたりすると思います。派遣での最初の2ヶ月間は試用期間だと思ってください。

派遣先の企業も派遣されてきた人が自分の会社に合うかどうか、そして自分自身も派遣先の企業でやっていけるかどうかを見極める期間になってきます。

 

2.派遣先の上司に直接相談ができない

普通だと働いているところの店長や部長・課長・社長に相談を持ちかけることができますが派遣社員は違います。派遣社員がなにか要望がある・改善してほしい点がある場合は、派遣元の営業担当に電話などで相談をする必要があります。

私は、今まで派遣で働いたことがなかったのでこの点は初めてでした。

上司に直接相談ができないので上手く状況を伝えるのも手間がかかりますし、派遣元の営業担当がきちんと伝えてくれるかも分かりません。問題の解決までに時間がかかることが多いと感じます。

 

3.任された(指示された)仕事以外はできない

派遣会社と派遣先の企業は雇用契約を交わしています。派遣社員として就業することが決まったらどのくらいの時間働くのか・業務内容などが記載されている資料が送られてきます。

そこの業務内容以外のことはできない決まりになっています。

私が任されている仕事は4つほどありますが、それ以外の仕事は受付をしても派遣先の企業の正社員さんがしてくださいます。普通に正社員で働いていると業務を追加追加で教えられますよね。

 

でも、派遣である私にはその業務は教えてもらえませんでした。

私はそのときに

任された業務以外のことはできないんだな~。

と悟りました。

 

手が空いたときなどは聞いているのですが、やはり教えられた業務以外の仕事が増えることはありませんでした。それと派遣先の会議にも参加することはできません。当然と言えば当然ですが会議も参加できません。

なんだかこの辺で仲間外れにされているような感覚になりますね~^^;1人ぼっちではないですが寂しい気持ちになります…。でも、そこが派遣なんだなと実感させられるところでもあり、いいところでもあるかもしれません。

 

4.就業時間が過ぎても帰りづらい雰囲気がある

私の派遣先だけかもしれませんがめちゃくちゃ帰りづらいんです!他の正社員さんは、パソコンや資料コピーなどでせかせかと働かれています。

ある程度、業務が終わってしまっているとスグ帰ることができるのですが皆さんが一生懸命仕事されている中、1人で帰るのはとても勇気が入ります。

私の派遣先が忙しいということもありますが本当に帰りにくいんですよ!!これホントに!!いつも後ろ髪を引かれる思いで帰ってますね(笑)正社員さんは、残業代がでると思いますが派遣の場合は、派遣会社との相談になるので、定時に帰れる場合は帰った方がお得だと思います。

あ~なんとかあの雰囲気をどうにかしてもらいたいものです(汗)

 

5.派遣先の正社員さんと仲良くなりにくい

派遣先の正社員さんと仲良くなるのが難しいなと感じます。これは、どこへ勤め出しても変わらないとは思います。私は特に人見知りで人よりもコミュニケーション能力が低いせいでいつも苦労してます(汗)

絶対に自分から話しかけないという根性の悪さも兼ね備えていますから余計に立ちが悪い奴なんです^^;

最初はプロフィール的な話をするのですがそれからは内輪の話になっていきます。もちろん分かりませんし、ついていけません。愛想笑いをしておくしかないのは辛いですね…。かといって話を振られても困るので私としてはいいんですけど♪

職場の中でも誰かしら気遣ってくれる人がいてくださると思います。その方に分からないことは聞きながら少しずつコミュニケーションを取ることを心がけています^^すると、色んな裏話も聞けてくるのでまずは誰か1人の人とコミュニケーションを深めていくことが大事だと思います!!

 

 派遣はやめたほうがいい?

派遣先によっては、人間関係が悪い…そもそも職場自体が合わなかった…なんて事もあります。派遣のいいところは、「ここはちょっと」と感じたらスグに切り替えができるところです。

派遣は正社員よりダメだ・・・。派遣社員は負け組だよ!と言われるかもしれませんが私はそう思いません。1つの会社にしがみついて昇進や昇給を狙うのも大事ですが、今の社会を見ると1つの会社に勤め続ける事が必ずしも正しいとは限らないのです。

 

働き方が少しずつ変化しています。YouTuberという仕事が一般化し、ネットを使った仕事をする人が増えてきています。こういった時代のニーズに合わせていく事が大事ではと考えます。

今までは、大学へ行き有名大企業に就職する道が一番正しい事とされてきましたが、これから先の未来は、未開拓のものに柔軟に対応できる力とどれだけ多くの情報を知っているかが鍵になっていくのではと感じます。

 

『無知の知』という言葉がありますが、私自身まだまだ知らない事ばかりです。何事も知っている気になるのと、目で見て聞いて体感して知っているのとでは全く異なります。

”わたしは、知らない事がたくさんある。それを探求し続けよう。”

情報にどれだけ貪欲になれるか、持てる者と持たざる者の差はどこまででも広がっていきます。

 

派遣 = 悪
正社員 = 正義

ではなく、「派遣+副業」「派遣+派遣」「派遣+アルバイト」など働き方は無限にあります。”自分は派遣しかできない奴なんだ”と諦める前に、正社員以上に稼ぐ方法を見つける事ができれば、必ずしも正社員がいいじゃん!とはならないはずです。

働き方は「正社員」だけが正解とは限りません。情報を探し吟味しながら取捨選択し、その時々で最善の方法を探し出していく力を持っていると、困る事はないはずです。

 

まとめ

今回は、私が派遣社員として実際に現場で働いていた経験を元に感じたデメリットをご紹介しました。派遣は悪いところばかりかと言われるとそうではありません。

コインには表と裏があるように、派遣にもいいところはあります。

その両方を見て、「何か違う」と思えば別の道を選べます。”自分にはこれしかできない、無理。”と思う事だけは減らしてきましょう。

必ず見つかります。探していないだけです。

情報は探した人にしか降りてきません。もっともっと情報に貪欲になりましょう。一番怖いのは、過去の栄光・過去のやり方に執着する事です。

その時々によって最善の方法は常に変化していきます。時代の変化に合わせながら仕事ができるといいですよね。

私も知らない事ばかりです。まだまだ探求を続けていきます!

最後まで読んでもらえてうれしいです。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です