モスバーガーのバイトの仕事内容は?元店員がきついのか詳細をお伝え

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

モスバーガーでアルバイトをしてみたいな~どんな仕事内容なのか気になるな~と思っている方も多いのではないでしょうか。

ファーストフード店の店員さんは、てきぱきしていて笑顔でカッコいいイメージがありますよね。私は、モスバーガーで3年間働いていた経験を持っています。

仕事内容や実際の内部事情をご紹介していきます。

 

 モスバーガーの仕事内容とは

実際にモスバーガーで働き始めて理想と現実は違うなというのを思い知りました。制服を着て楽しそうに接客をされているというイメージだったのですが実際は、忙しいばかりでした。

私は基本、土日をメインとして入っていました。だからか分かりませんがお昼時は大忙しです。

ざっくりと仕事内容をご紹介すると・・・

  • 店内やドライブスルーでの注文をとるキャッシャー
  • ジュースやシェイク、スープ、その他季節のスイーツ作り
  • 電話注文の応対
  • 店内の机をふく・グラスなどを洗う
  • 細々したものの補充・コーヒーセット作り
  • ポテトや揚げ物を揚げたりするフライヤー
  • ハンバーガーを作るセッター
  • 袋詰め
  • 野菜やミートソースなどの仕込み

などなど。

 

私が勤めていたモスバーガーではこんな感じのことをしていました。もちろん最初からハンバーガーを作れるわけではありません。入ったばかりの頃は、レジを打つ先輩の後ろでレジキーの位置を覚えるのが大変でした。最初はレジでの接客からのスタートです。

お客様は注文が早いので間違えないようにしないといけません。レジキーを覚えないうちはしどろもどろになっていました…^^;

 

レジが慣れてきてジュースやシェイクなども作れるようになってきたら、徐々に電話を取り始めます。電話注文用の用紙は分かりにくいです。いわゆる業界用語的なやつが並んでいて、モスバーガーの商品の名前を覚えていたらスグに分かりますが縮めてあったりするので最初は戸惑いました。

 

電話対応をしているときに面倒だなと感じたのは、

たとえば

お客様「モスバーガーのポテトSセットで飲み物がコーラ。モスチーズバーガーのポテトLセットで飲み物がオレンジジュースでお願いします。」

私「ご注文を繰り返します。モスバーガーが1つ。モスチーズバーガーが1つ。セットが2つでポテトSセットとLセット。お飲み物がコーラとオレンジジュースでお間違えないですか?」

と聞くと・・・

お客様「モスバーガーはポテトSセットで、モスチーズバーガーはポテトLセットって言ったよね?!」

・・・と。

 

分かってはいるんですけど注文用紙を見ていると時々忘れてしまうんですよね。特に注文が多いときなどはセットが4つや6つにもなります。その場合、全部を覚えておくことの方が不可能なので温かい目で見てください!といつも思っていました^^;

裏方の仕事はしないでいいだろうな~と思っていたらある日、シフトを見ると私以外にフライヤーができる人が入っていないことが判明したんです…。私はモスバーガーの中でもキツイと言われているフライヤーを経験することになるのでした。

 

 モスバーガーの裏方の仕事内容とは

レジ打ちや注文を取っているときは、お客様からの注文を間違えないようにして飲み物を渡したり、運んだりするのでそこまで注意は必要ありませんでした。でもでもモスバーガーには裏方の仕事があります。

それは、

フライヤーとセッター

です。

 

私は両方を経験しましたが、どちらもあまり好きではありません。私が好きなポジションは、袋詰めです^^♡なんで好きかというと動かないで良いからなんですよね(笑)いや、違いますよ?本当に冗談です。

袋詰めは重要なポジションになってきます。

 

持ち帰りや店内で食べる用のハンバーガーやポテトなどを間違えないように袋に詰めたり、バスケットに入れていく必要があります。セッターの人が作ったハンバーガーをきちんと袋に詰めないといけないので間違ったら速攻でクレームの対象になるポジションでもあります。

私の先輩がいたポジションでずっと憧れていたんですよね♪憧れの袋詰めのポジションになれて本当に良かったなと思います♡

 

そして私が嫌いなポジションは、セッターとフライヤーです。どちらかを選べと言われたら間違いなくフライヤーを選びます。フライヤーが楽なわけではないのですが、焦らなくて済みます。

フライヤーが間違ってはいけないのは、揚げ物の種類と時間です。

 

モスバーガーでは、揚げ物によって揚げ時間が多少変わってきます。なのでお昼のピーク時になるとタイマーが全て埋まっているのに揚げ物を揚げないといけない状況がやってきます。

なんとか頭で覚えておいて、”さっき残り1分で入れたから残りは、○分か!”というように常に頭を動かしていないといけません。

 

フライヤーですから本当に暑いです^^;夏は本当に暑すぎてヤバいです!ピーク時は、次々と注文が入ってくるので袋詰めの人が言ってくれた言葉を信じて、フライヤーの中に揚げ物を通していきます。

セッターとの連携も重要になってきて、”○○はあと何分で揚がる?”という問いにスグ答えられるようにしておかないといけません。

 

本当に忙しいときにフライヤーを経験しました。揚げ物の通し忘れがヤバいくらいにありました…でも、後から褒められたので嬉しかったですが。ピーク時のフライヤーは本当にヤバいです!

そしてそしてみんなが憧れる(?)セッターというポジション。ハンバーガーを作るポジションになっています。パンを焼いたり、お肉を焼いたり、野菜が並んでいる前で順番にハンバーガーを作っていきます。

 

忙しくないときはいいのですが、ピーク時は本当に頭が回らなくなってきます。

余裕がなさすぎてなにを作ったらいいのか分からなくなってくるんですよね。私は、本当に忙しいときにセッターをしたことがあるのですが、あのときの注文票の帯は今でも忘れられません。忙しすぎたのでなにから作ったらいいのか分からなかったですね…。

セッターが好きな人はいいのですが、私には無理でした。

 

なんとかやりきったのですが、二度とやりたくありませんね(笑)

・・・とまあ、走り書きのように書いてきたのですが、やはり忙しいときと暇なときの差が激しいですね。忙しいのは、CMや広告織り込みが入ったときそしてテレビ放送があったときです。

そして年末です。年末と言ってもクリスマスの時期は、モスチキンが大量に注文されます。その袋詰めが大変ですね。

 

 モスバーガーの内部の話

ここまで読んでくださったあなたにだけ覚えておいてほしいことがあります。

年末は、モスバーガーに勤めると意外に大変だよ!

ということです。

 

実を言いますと、モスバーガーがクリスマスに販売しているモスチキン。あれにはノルマがあります。私は、最初の年は50本くらい~と言われていたのですが、2年目は前年度を超えるように言われました。

5本と10本のセットを100本売るとなると、単純に考えて5本セットを20箱か10本セットを10箱分売らないといけません。

 

私は、友達や家族・家族の周りの人に頑張って売りさばきましたよ!!それでも目標に達してなかったときは自分で冷凍分を購入していました。モスバーガーに入っての一番の衝撃は、クリスマス時期にモスチキンを売らなければならない!というところでした。

もちろん店舗によっては売らないで良いかもしれません。

 

あと私の店舗では、まかないや社割はありませんでした。私は、ポテト依存症だったので休憩のたびにポテトを食べていました◎そのときのポテトの量はかなり増やしていましたが…(笑)

それに従業員だけの限定にはなりますが、てりやきソース&マヨネーズのタレにつけて食べるポテトは最高に美味しすぎました♡♡アルバイトをしているとこういった従業員だけの楽しみももちろんありますよ~!

 

 まとめ

全体を通して仕事を覚えるまでがキツいです。クレームを言ってくるお客様もいますから、自分の接客態度には注意をした方が良さそうです。正直、入ったばかりの頃は何度も辞めようと思いました。続けていると楽しいことも増えていきます♪

特に私の場合は、同級生の友達がいたので長く続けることができました◎モスバーガーのアルバイトの魅力は、学生さんが多いことです。年代が近いので仕事が忙しくても連携が取りやすいですし、暇なときなど店内の様子を伺いながら喋ることもできるので楽しかったです♡

飲み会もありましたし、年齢層が近いので本当に盛り上がって楽しかったですね~!!

そして夏休みなどの平日に入ると、土日の忙しさに慣れているので平日の忙しさは可愛く思えます。パートさんたちから、”動きが早い!”とかなり褒められました!それにパートさんたちとも交流ができて関わる年齢層が幅広いのも面白い経験の一つになりました♪

 

運が良ければモスバーガーに勤めているバイト同士でカップルになることも可能です♡♡

私が勤めていたモスバーガーでは、カップルが1組できていましたから♪

 

そしてそして私にとっていいことがもうひとつありました。高校を卒業して1年たった後に同じ店長がモスバーガーにいたので、お願いをしたらスグに雇ってもらえました。一度、経験をすると時間が経っても現場に入ればスグ思い出すことができます。

私はモスバーガーを選んで良かったと思います♪♪モスバーガーでの経験は、今の仕事にも役に立っていますね☆

最後まで読んでもらえて嬉しいです。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です