10社以上の面接に落ちましたけど?わたしって社会不適合者?

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

面接に落ち続けると不安になりますよね。私は、面接を受け続けて10社以上落ちた経験を持っています。精神的にヤバかったですよ。

10社以上落ち続けて精神的にボロボロの方へ何かヒントになれば幸いです。

 

 さすがに10社受ければどこかは・・・

私は、高校の就職活動は一発で合格を貰えました。右も左も分からず飛び込んだ世界でしたが、どうしても続けることが難しく入社後3ヶ月でその職場を後にしました。

そしてどうしようかと悩んだ末に選んだのは、専門学校に通うことでした。

専門学校へ行けば、次の転職先は何とか確保できるのかなと思ったんですよね。それに資格も取る事ができるのでいいかな~という安易な考えでした。

専門学校の卒業を控えつつ、就活が始まっていました。

私は、通っている専門学校から離れたところから通学をしていました。希望としては、地元での就職を狙っていたので自力で求人を探しました。

 

そして面接を受ける日々・・・。

最初の1社目は、軽い感じの面接からスタートしました。受け答えもハッキリして伝わったかな?と思いましたが結果は、不合格。

「これからの活躍を…」というお祈りの手紙が不採用通知と共に返送されてきました。

1つ目は、

”なるほど!まだまだ頑張るぞ!”

2つ目は、

”やっぱりダメだったか。ちょっとあそこで失敗したしな。”

3つ目は、

”ん!?面接では割とスムーズに話が進んだのに!”

4つ目は、

”談笑できたのになんで!??”

5つ目以降になってくると、

”あ~またか、はいは~い。”

いやもう本当に凹みます。冗談抜きで。自分のどこがいけないのか、面接で上手くいく方法をたくさん調べました。忠実にそれを守りました。

でも上手くいきません。

時間だけが月日だけがただ流れていきます。気付けば、卒業まであと1ヶ月と迫っていました。私が一番初めに就活を始めたはずなのに、すでに内定を獲得している人ばかり…。

悔しくて、恥ずかしくて、もう全てが嫌でした。

 

どうしようもなく辛かった時に思いだした恩師の言葉

私は辛くて辛くて仕方ありませんでした。専門学校の友達が内定をもらうたびに焦りが募り、ますます上手くいきません。親からも「まだ受からないの?」と軽くプレッシャーをかけられ…不安も頂点に。。

面接に行くのが憂鬱すぎて、「きっと受からないんだろうな。」と思いながら面接に臨む自分がいました。”どうせ他の人を採用するんでしょ。”とやけくそになっていました。

そんな時私は高校の時の恩師が入っていた言葉をふと思い出しました。

私が通っていた高校にとても変わった先生が赴任してきました。その先生の経験・経歴・考えを聞いてから私はその先生を尊敬し信頼するようになりました。

 

その先生が就職活動をする上で大切な事を教えてくれていました。

「これから、君たちは就職します。そのときに面接を受けます。そして不採用通知が届く人もいます。そのときは、こう思ってください。」

その企業とは縁がなかったのだ。自分の価値まで否定されているわけではない。

 

面接に落ち続けると、自分は「社会不適合者なのではないか?!」と錯覚してきます。”お前なんていらねぇよ!”と言われているようで、自分自身を否定されているように感じていました。

面接で落ち続けたら凹みますし、もう二度と面接なんて受けたくないと思います。それは、自分の存在価値そのものが否定されたと思うからなんですよね。

 

私はよく思っていました…「自分は必要とされていないんだ」と。

その気持ちは痛いほど分かります。ですが、企業側にも事情があります。”こういった人材が欲しいな””職場の人間たちと合うのだろうか”と様々な背景があった上で総合的に判断されています。

あなたの価値そのものまで否定されているわけではないです。

 

面接は良くお見合いや恋愛に例えられています。好きな人に告白されても100%上手くいく保証なんてありません。断られることだってあります。

面接も同じで相性がありますから、ただ応募先の企業とは縁がなかっただけです。

 

あなたにはあなたにしかない価値があります。何度も繰り返し繰り返し面接を受けていくと慣れてきて受け答えがしやすくなっていきます。失敗って思うと悪い印象になりますが、1つの経験として捉えると貴重なものになります。

一発で受かるのはいい事ですが、面接で受からない知り合いや友人が目の前にいた場合、親身になれません。相手の立場が分からないからです。

 

あなたはその点では有利なんです。

失敗を失敗のままにするのか、失敗をいい経験・学びとして変えていくのかはあなたの選択次第です。今は転職活動の方法がたくさんあります。

諦めずに続けていくと必ず受かります。私は、12社目で受かりましたから◎あなたにもできます。

まとめ

面接に落ち続けると最初にあったモチベーションが段々と下がってネガティブな気持ちになります。でも活動を続けないと、どうしようもないので続けますが精神的に病んできますよね。

周りの人に言えたらいいですが、なかなか言いにくいですよね。私は人に言う事ができずきつかったですね。でも、高校の時の先生の言葉を書いた紙が運よく出てきたので助かりました。

なぜかその先生は授業をせずに社会の事を分かりやすく教えてくれました。私の心に響くものがあったのでメモしていましたが、それが役に立つとは思ってもいませんでした。

印象に残ったり、心に響いた言葉はメモしておく事をおススメします。どこで助けられるか分かりませんから◎

悩んでいるって事は答えは出ているはずなので時が熟すのを待ちつつ、諦めず努力を続けていきましょう。結果は自ずとついてきます。

最後まで読んでもらえてうれしいです。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です