新卒で入社した飲食店を辞めたい感情のまま3ヶ月で辞めた私の失敗談

 

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

今、「仕事を辞めたいな~」「今の仕事よりいい仕事があるんじゃないかな。」「でも今の会社に入社して少ししか経っていないからどうしよう。でも、キツい…」と思っているそこのあなた。

毎日毎日、会社へ行って夜遅くに自宅に帰り、ご飯を食べて寝るだけで、休日も身体がキツくて寝るばかり…何のために就職したのか分からないって感じている方も多いのではないでしょうか。

今になって「こうしておけば良かった。」と失敗したなと感じているので、経験談と合わせてご紹介していきます。

 

 新卒で入社した飲食店…辞めたくて仕方なかった。

私が通っていた高校は、専門学校のようなもので各学科科ごとに資格が取得できるようになっていました。

私は、将来どうしたいのか特に何も考えることなく中学のときに受験をしました。 中学の先生からは「高校へ入学したら専門学校か短大にいくためにお金を貯めなさい。」と言われていました。

 

それを見事に無視した私…。というより目的も目標もなかった私は何をすればいいのかすらも分からない状態でした。

高校を卒業してスグ就職し、仕事内容やどんなことをするのか特に調べず、勧められるままに面接を受けました。そして程無く”合格”の通知がきました。

仕事のことなど何も考えていなかった私は、「受かった!やった~♪」とそのまま就職することになりました。

 

仕事のきつさや大変さ、1人で抱えることが増えて段々としんどくなっていました。朝から晩まで終わりの見えない作業を繰り返しながらぽつ~んと”なにやってるんだろう。”と悲しくなりながら、1人寂しく夜道をとぼとぼと歩いていました。

本当に辞めたくて辞めたくて仕方がありませんでした。

 

 3ヶ月で辞めた私が後悔していること【失敗談】

私は何も考えていませんでした。ただただ毎日が、「キツい、辞めたい。」の繰り返しでした。目の前が楽しくなく本当に苦しく感じていました。

いよいよ身体も心もついていけなくなり、オーナーに辞める旨を伝えました。

そのときの私は、

次の事など特に決めず若いんだからスグ決まるでしょ!

とのほほんとしていました。

 

はい、完全に社会を舐めきっていました。本当に。3ヶ月で辞めた私に注がれる視線はとても冷たいものでした。

面接へ行くたびに聞かれたのは、「前職を辞められた理由は?」でした。

当時の私は、ポジティブに答えるなんて知らず正直に答える時もあれば、曖昧に返答をする時もありました。面接にはとことん落ちてしまう始末。。

”あれ?おかしいな…受からない。”不安ばかりが募りました。

 

あのときに戻れるなら「きつくて辞めたいだろうけど、次の転職先や何をするのか決めてから辞めてね!」と言いにいきたいです。

次のやるべき事や次の就職先を決めてから辞めるべきだった…と後悔しています。  いやぁ~失敗しました…。

年齢が若いからスグ決まると思うかもしれませんが、そんなにスグには決まりません。再就職をするにはある程度の労力を費やす必要があります。

転職活動の手順
  1. 履歴書を書く。
  2. 応募企業を決める。
  3. 面接を受ける。
  4. 合否を待つ。

履歴書を書いて、次に就職したい企業を探し面接の手配し、面接を受けてその後合否が届くのを待たないといけません。結構な時間がかかります。

 

 後悔しないために

私は高校を卒業して新卒で就職しました。どこの企業も積極的に採用してくれましたが、新卒の次は「第二新卒」になってしまっているわけです。

企業側からしたらもう少し待って新卒の子を採用した方がリスクを背負わなくて済みます。

3ヶ月で辞めているということは、「自分の会社に就職してもまたスグ辞めるんじゃ…」と警戒されます。それよりも新卒の子を採用した方が続けてくれる可能性が高いと判断されます。

いずれにしても短期で辞めるということはリスクが伴います。もし、今「会社を辞めたい。次の事なんてどうでもいい!」と思っている方は、立ち止まってください。

辞める前に次の就職先・やりたい事を決めておいた方が本当に楽です。

 

私は、今までに5回転職をしていますが最初と2,3回目くらいまで次を決めずに就職をしました。  決まるまでに2ヶ月かかったり、半年以上空いたりしたときもありました。この期間中は毎日が憂鬱です。

自分は「社会から必要とされていないんじゃないか。。」「働けるところはないんじゃないか?」と、精神的に病みます。

 

家族からは、「え?まだ決まらないの?」と圧をかけられますし(泣)。。どこへ行くにしても周りの目が気になります。

”みんなは働いているのに私だけ何をやっているんだろう。”って。

 

後悔しないためにも、次の就職先・やりたい事を決めてから辞めることを強くおススメします。

辞めることは簡単です。会社も辞める人間を止めたりはしません。あっさりとしているものです。

悔しくないですか?毎日毎日、会社のために頑張っているのに引き止められないのですから。

どうせなら「あの子、○○会社に転職するんだって~キャリアアップして羨ましいな。」「○○って目標あるらしいよ。凄いね。」と言われながら辞めたいですよね。

現在は、幸運なことに転職しやすい環境や少額からでも自分で事業を始める事が可能です。

「辞めたい、辞めたい」言い続ける前に、次に向かって計画を立ててみませんか?

 

 まとめ

私は高校を卒業して就職した飲食店を3ヶ月で辞めました。

辞めた当初は後悔もしていました。でも今になって考えると、3ヶ月で辞めていなかったら今の私の暮らしている環境はなかったですし、出会う人たちも全く違っていたと思います。

そうなると、3ヶ月で辞めるのは必然だったのでは!?と感じます。あのときは必死になって駆け抜けましたが、もう少し効率の良いやり方があったなと思いますね^^;

 

一番後悔しているのは、『次の転職先・やりたい事を決めておけばよかった。』ってことです。

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、実際に短期で辞めてみると身に染みて分かります。働いていないってことがどれだけ苦痛になるか…世間の目もキツイですし、家族からも白々しい目で見られます。

 

次が決まっていると、家族も何も言わないですし何より自分自身が不安を感じずに済みます。1つの会社に長く居続けることもできますし、いくつかの会社を経験することだってできます。

世間から見れば「コイツ、続かない奴だな。」って見られているかもしれません。でも私にとって、1つ1つの会社で学びがあり成長が出来たと思っています。

 

1つの会社で愚痴をずっと続けるのか、思い切って転職して新たなスタートを切るのかはあなたの選択次第です。自分の人生は自分で決められます。

もし私が人生をやり直すとしても、また違った会社に就職して色んな経験を積みたいです^^

 

私の経験として今の会社を辞める場合、「次の転職先・やりたい事」を決めておくのは重要だと思ったのでご紹介しました◎

面接に落ち続けるとメンタルがヤバくなってきます。そのための予防薬を持っておくのも大事です。

最後まで読んで頂き感謝します。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です