精神的に楽なバイトは?人と関わりたくない場合はどの仕事がいい?

 

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。

「人と関わるのが嫌い」「できれば1人で黙々とできる仕事がいい」と精神的に楽な仕事を探されている方も多いと思います。

私は人見知りで人と関わる事が大嫌いですが、「仕事」と割り切って仕事モードで接客業をしています。気疲れをして仕事終わりはどっと疲れることが多いですが、それなりにやりがいはあります。

しかしながら、人との関わりが少ない仕事がいいと思っている場合、どんな仕事があるのでしょうか。

 

精神的に楽なバイトは?

私は高校生のころから接客業を中心に仕事をしてきました。人と直で顔を合わせるとなると精神的消耗が激しいです。レジなど覚えることがたくさんあるのですが更にそこに人との関わりが加わります。

接客業は精神的に辛いです。そこに品出しなどの作業が加わってくると肉体的にもきつくなります。人対人なので気を遣います。その分、気疲れもします。

私の場合、人にかなり気を遣うので自宅に帰ってきたらどっと疲れてます。

直接人と関わることが出来るので、自分がした事に対し笑顔が返ってきたりしたときはかなり嬉しいんですけどね^^人と関わるのが苦手な方にとって苦痛ではないかなと感じます。

私は、人と関わるのがそこまで好きではないですが「仕事」と捉えると仕事モードで接客ができます。なので、そこまで苦ではないですが、仕事場での顔と家での顔が正反対なので普段の私を見たらビックリするかもしれません。。

人の相手をしたくない場合はどういったアルバイトが良いのでしょうか。

 

人と関わりたくない場合はどの仕事がいい?

人の相手をしたくない場合はやはり「人との関わりが少ない仕事」を選ぶと良いですね。でも、”人との関わりが少ない仕事ってあるの?”と思いますよね。

私なりに考えてみました。

人との関わりが少ないアルバイトとは?

  1. 皿洗い
  2. 打ちっぱなしゴルフのボール拾い
  3. 工場のライン作業

1つ1つ見ていきます。

 

1.皿洗い

まずご紹介するのは、皿洗いのアルバイトです。私が検討していたのは、ホテルの皿洗いの仕事でした。ホテルは朝食やディナーの時間帯は多くのホテル客でにぎわいます。

その分、皿の量が半端なく必要ですし洗い物も必然的に増えます。

ただ、冬場になると手荒れが気になるかなと思ったので求人に目は通したのですが結局、応募することはありませんでした。

一切接客がないので精神的に楽です。それに”人と話したくない。””人見知りだから1人で黙々とやっていたい。”って方にピッタリです◎

 

2.打ちっぱなしゴルフのボール拾い

こちらのアルバイトは、私の彼の弟君がしていたものでした。打ちっぱなしですからボールが山のように溜まっていきます。それを永遠に拾う作業をします。

正式には、ゴルフ練習場の集球スタッフと言うみたいです◎

人と関わらなくていいので精神的に楽ですが、大量のボールを拾っていくことになるので肉体的にキツいです。

体力に自信のある男子なら苦ではないですし、 ゴルフ場によっては深夜帯に営業しているところもあるので、短時間で稼ぎたい人にも向いていると思います☆

 

3.工場のライン作業

工場も幅広く作業をこなすところと単純作業を繰り返すだけのところがあります。何も考えたくない場合、「いちごをのせるだけ」「○○するだけ」という求人に応募してみるのもアリです。

ただ、外部との接触は少ないですが同じ工場内で働いている人と仲良くしていく必要があります。案外、人間関係で苦労するかもしれません。あとは、立ちっぱなしで食品工場だと衛生チェックが厳しい場合があるのでご注意を。

作業は単純で覚えることが少なく難しくありません。私は、単純作業は得意ですが永遠に1つのことに集中できる自信がないので諦めました。。

技術など必要ないので、単純作業が得意な人には向いています◎

 

まとめ

人と関わる事が少ないとはいえ、従業員との関わりは出てきますから完全に人と関わりたくない場合は、自分で事業を起こすのが一番の近道です。

自分で事業を起こした場合は、営業など全て自分の作業量にかかってきますので、結局は人との関わりが必要にはなりますが。

接客になると色々な人がいるので、理不尽な事で怒られたり普通に接客していたのに”態度が悪い”などとクレームを言われることもあります。

「は?」と思いますが、相手も人なのでそれぞれに考えが違います。クレーム処理は労力がかかる分、社会経験として勉強になります。

どこへ行くにしても人間関係の悩みは付いて回るものなので、自分が苦手な人とも上手く付き合いつつ、自分のペースで仕事が出来るといいですよね。

私が考える精神的に楽で、人との関わりが少ないアルバイトをご紹介しました。

最後まで読んでもらえてうれしいです。ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です